2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ブログ内検索
プロフィール

カグ

管理人:カグ
ツイッターの便利さについついブログ放置中。もう少しブログの更新頑張りたいところ_ノ乙(、ン、)_


9月末には碧の軌跡が発売するからそのあたりまでに溜めてるアニメ消化しておきたいなー…(;´Д`A ```

現在はROで元気に活動中(`・ω・´)メインはalvitr鯖、シーフ系がメインだったのに気がついたらABと連が発光してました^q^ 次は修羅が光りそうです。珍はグラフィック改善されたら本気出す( ー`дー´)キリッ
アニメはファフナーを機に少しずつ更新していければなーと緩く考え中です(`・ω・´)
相互リンクについてはこちらを参照してください(2008/7/5)


絶賛応援中♪

訪問者サマ☆

現在の閲覧者サマの数★:
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

購入予定....φ(・ω・` )メモメモ
リンク
ランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」
※24日0時30分加筆修正

 ハ、ハハハハハハジがΣ(゚Д゚)


 最終回でまさか死亡フラグ的展開になるとは思っておらず正に寝耳に水で暫くテレビの前で( ゚Д゚)ポカーンでしたよ…。オプションDまで発動して爆炎で焼き殺されてたらどうしてくれようかと思いました…(´v`) まぁ、シュヴァリエだけあって長い時間をかけてゆっくり再生したようですけど、ラストでハジ小夜の幸せそうな姿を拝めると思ったらハジってば姿も現せてはくれませんでした…(ノ∀`)・∵.グハッ


 
 やはりアルジャーノさんはきちんと最後まで立派な役目を果たしてくれました(*´艸`*)
 デヴィッドに助けを求めた時の顔はどっからどう見ても三流でしたね…。って言うか、それよりもなによりも気になったのが


ネイサンキタ━(゚∀゚)━!

 え?何これ?!あのカマ言葉は間違いなくネイサンでしたよね?一瞬で姿を消してしまいました…。ただの友情(?)出演ですか?それとも何かの伏線なんですか??若しくは出来心で出しただけですか??!
 どうせならソロモン出してくれよ…。゚(゚*´Д⊂グスン


 雷に焼かれてもしぶとく生きていたアンシェル。双子の片割れを抱えながらの戦闘は難しいので小夜が子供をハジに預けようしますが、ハジが刀を持ってアンシェルに突撃…!!!
 と言うか、小夜の高速移動出たの今回お初じゃありません?ディーヴァ戦で出なかったのに何故このタイミングで…はっ!そうか!ディーヴァと小夜の戦いは常に超高速移動で戦っていたけど常人の目には早すぎて捉えきれてなかっただけだったのか∑(・∀・)


 小夜に愛してると告白をして、小夜の笑顔を見たいとまで言って感動的になっていた場面で邪魔者に今度こそ小夜の血で止めを…!!!アンシェルが結晶化していく最中にやはり

得意の串刺しに…(ノ∀`)アウチ

 カイに小夜を頼むとタイミング悪くオプションDが発令。建物ごと爆発してしまいます…ハジィィィイィ。゚(゚*´Д⊂グスン


 ハジがどうなったのか非常に気になったのですが、ここで舞台は沖縄に戻ります。百合と称された金城香里が小夜とじゃれている普通の日々が過ぎているようです…。
 OMOROで新旧の主要メンバーが集合です!ジョエルと真央の会話に爆笑ですァ '`,、'`,、'`,、'`,、ヽ(´▽`)ノ '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
 私も石田ヴォイスで「お嬢さん」とか言われてみたい…!!!


 デヴィジュリ御懐妊に続いて、岡村×真央も確定のようでだんだんと独り身が減っていきます…(*´∀`)クスクス
 ルルゥもジュリアさんの功績で何とかなるようで一安心です!


 そんな楽しく和やかなムードの中、小夜は一人店を出てフェンスに凭れかかります…。どうやら眠りの時が刻一刻と近付いてきているようです…。゚(゚*´Д⊂グスン
 小夜がこの日いつもより調子が良かったのは、蝋燭は消える直前に勢い良く燃えるというそんな状態だったのですね…。
 そんな小夜に気付いて皆に知らせようとするカイですが、小夜は始まりの場所へと連れて行って欲しいとカイに頼みます。既に自力で歩けない小夜をカイが背負って始まりの場所へと向かいます…。
 しかし天辺に着く前に

 小夜は眠りについてしまいました…・゚・(ノД`;)・゚・

 小夜の手からカイ、リク、小夜の3人で笑って写っている写真が落ちます…。眠っている小夜に向かってお前らは俺が幸せにしてやると泣きながら誓うカイに貰い泣きしました(´;ω;`)ウッ…
 

 それから数年後、成長した双子を連れて始まりの場所へと来るカイ。終わりの場所でもありましたが、小夜が目覚めてそして再び「始まりの場所」へと変わる事でしょう…。
 始まりの場所には青いリボンがついた薔薇が…


ラストにハジキタ━(´∀`*)━!

 姿が見えなかったのは残念でしたが、小夜が目覚めるまで世界を旅して回って小夜が起きた時に土産話を沢山してあげてほしいですね…v
 そして今度は小夜の満面の笑顔が見れるように一歩後ろではなく、共に隣を歩いて生きていってください…!!!


 1年間、前土6のように総集編もなく楽しませていただきました!皆様本当にお疲れ様です>< 



 今回のEDを見て元ちとせさんの「語り継ぐこと」は本当に良い曲であると思いました…(*`д´)b



 さて、最終回の余韻に浸りつつも実はちょっとツッコミたいところがあったので、追記で叫ばせてください(笑)
 ハジの…!

 ハジの…!!!


「ナンクルナイサ」

キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!



 御免なさい、正直噴出しました…!だって現地人であるカイが言っても違和感あるのに、ハジが言うんですよ?!愛してるの言葉と共に言われるのは激しくおかしいです(笑)
 しかも数十年共に行動してきて、小夜の為に生きてきてやっと自分の本音を言えてプロポーズしたと言うのに何とかなるさでまとめるのは無理があると思う(*´艸`*)
 BLOOD+50話の集大成を一言で解決して良いものか…wまぁタイトルに3度に渡って使われた(「魔法の言葉」「魔法の言葉をもう一度」)ナンクルナイサを使いたいと言う気持ちはわからないでもないのですが…。
 でも、大半の方がハジを傍らに置いたままカイと双子と擬似家族ってオチになりそうだと私も思っていたので、小夜がきちんとハジを選んでカイは家族として愛してると言う位置に落ち着いてくれて本当に良かったです…ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
 ほんのちょっぴりハジがアンシェルと共に爆発に巻き込まれた時、カイ小夜を実現させる為に強引に消されたのかと思っていたので…。



 小夜が前髪下ろすと

モーゼスにしか見えない(ノ∀`)・∵.

 思わず目頭が熱くなった私はモーゼス馬鹿ですwけどそれ以上にソロモン馬鹿なので、あそこまで思わせぶりなラストだったのに出てこなかったのは不満ですね!え?思わせぶりじゃなかったですか?私は普通に生存してると信じていたのですが…(´・ω・`)ショボーン
 ED後の提供で小夜と踊っているシーンが出てきてこれまた目頭が熱くなってきました…。゚(゚*´Д⊂グスン



 ディーヴァを倒した後、翼手たちの様子がおかしくなりました。そしてルルゥが歌が聞こえないってとかって言ってましたが


耳がピクピク動いててすっげー可愛い…ハァハァハァハァハァ

 何だか動物みたいな感じですっげー可愛かった…!!!何あれ…!!!うちにも一人欲しい…!!!
 ちなみに我が家のニャンコが同じ事してる時も

管理人はこんな感じです(*`д´)b



 まぁ、細かいツッコミもまだあるんですけど、そこら辺は最終回の雰囲気に流されておきますか(笑)
 とか言いながら最終回の雰囲気ぶち壊しにするような叫び書いてすいませんね…_○/|_ 土下座


 10月からの新アニメ…全世界が注目してるとのこと!!!ちょっと絵が好きでなかったりしますが、ここまで言うのなら期待して待っておきましょうか!


 
Secret
(非公開コメント受付中)

ありがとうございました
 こんばんは。
 ハジには冷や冷やさせられました。そしてネイサン!なんで生きてるの!ソロモンは?ソロモンは?一言でいうとそんなお話でした。
 
 思えば私がBLOOD+を見始めたのってカグさんの第1話の感想がきっかけなんですよね。気が付けば最終話まで欠かさずみてしまいました。どうもありがとうございます。


沙華さま
 おはようございます!
 本当に最後の最後でハジがアンシェルの結晶化に巻き込まれた時はどうしようかと思いましたよ…!生きてて良かったです!
 しかしネイサンやアンシェルはしぶとく生きていたのに何故ソロモンが居ないのか…涙。

>カグさんの第1話の感想がきっかけなんですよね
 わわわ…!そう言っていただけると書いた甲斐があります…!こちらこそありがとうございますv


Not Subject
お初ですオメガと申します。。。いつもは見ているだけですがコメントというか、つっこみさせてもらいます。ネイサンが生きていたのは、スタッフに愛されてるとかじゃなく、先代のSAYAのシュヴァリエだからです。つまり、小夜の血では死ねない、と・・。それでも「ネイサン・マーラーはここで終わるのよ!」と叫び死んだように見せたのは、「小夜が翼手を殲滅したと認識させるため」ですよね。小夜勢はネイサンが先代シュヴァリエだなんて知るわけないですから、あれでネイサンはくたばったと勘違いしてるわけです。(ネイサンがそういう風にしくんだ。) これで小夜は敵は全て倒したと満足感を得られた、と。。。結晶化する描写がなく、かつステージ下に落ちたのはそういう理由でしょう。 突然失礼いたしました。


オメガさま
 初めまして。
 なるほど全てはネイサンの演出だったのですね。まぁ先代SAYAのシュバリエであったネイサンが小夜の血で結晶化するわけがないというのは多くのブログで語られてましたしね。

 先代SAYAが愛したであろう子供達の行く末を見守りたかっただけだったのでしょうね。だからディーヴァを研究対象として扱っているようなアンシェルにたまに素を見せ男喋りになったり、ハジに対しては変態チックな台詞はあったものの、実際に本気で攻撃とかはしなかったのかなと…。


Not Subject
アニメ総合交流ブログの管理人SEIです(=^▽^=)
トラバして頂き有難うございましたo(^-^)o
今回でとうとう最終回
前回てっきり死んだと思っていたネイサンがちゃっかり出ていたり(笑)
ついでにアンシェルまで生きていたりと楽しめた今回のお話でした(´∀`)
でも、今回コリンズがどこにも登場していないのがちょっと気になりますが(^o^;)
続編が有ればマッドサイエンシストとして登場しそうな感じがするような気もします(σ・∀・)σ


SEIさま
 いつもTBお世話になっております(*_ _)

 ネイサンとアンシェル…さすがはシュヴァリエってところですかね(笑)個人的にはあの流れでソロモンも登場すると信じて疑ってませんでしたが…。゚(゚*´Д⊂グスン

 コリンズ!すっかり忘れてました…!同じ三流の匂いをさせていたヴァン・アルジャーノの存在が大きすぎて(ノ∀`)・∵.グハッ
 続編では人間に復讐を誓ったとかって役で出てきそうですよね。もしくは廃人になっているか…(;´Д`)


Not Subject
こんばんわ!!duoです!!

 やはり、最終回だけに号泣してしまうお話でした。
 ハジがシュヴァリエとなって初めて逆らいましたね!!とても格好良かったと私は満足しております!!
 でも、その彼が串ざし&がれきの下敷きになったときは本当にポカーンでしたが、ラストのハジの演出はときめきました!!姿だけでも見たかったのですが、まぁ彼らしい終わり方だなと納得です^^
 確かに、ハジの「ナンクルナイサー」は無いですよねww
 あれが最期の言葉にならなくて本当に良かったですww

 カイは、やっと沖縄に帰って小夜とこれからだ!!ってときに、30年間のお別れですね・・・ちょっぴり寂しいですが、ディーヴァの子供たちがいれば悲しくないはず!!
 それに、「お父さん」と呼ばせようとしてましたよね!!愛を感じてなりません!!きっといい子に育ちますね!!(*´∀`)

 デヴィジュリにはやはり赤ちゃんがいましたね!!幸せそうでなによりです!!そのうち、岡村真央も外国から「結婚しました☆」とか言う写真付きのハガキとか送られてくるんでしょうねvv

 ルイス&ルルゥはいつまでも癒し系でいて下さいw
 三流はいつまでも三流でいて下さいw
 
 30年後、小夜が目覚めた時は、どうか争いのない世界になっていて下さい。
 そしてみんな、笑顔で暮らしていて下さい。

 BLOOD+なんだかんだ言って、大好きなアニメになりました!!
 ありがとうございました!!

 遂に、BLOOD+のコメントもこれで最後になりました!色々、ご迷惑をおかけしましたが、こんな私とお話して下さってありがとうございました!!カグさんとたくさんお話が出来て楽しかったです!!
 また、共通して見るアニメがありましたら、コメントさせて頂きます!!その時はどうか、宜しくお願い致します(*´∀`)
 づらづらと余計なことばかり書きましたが、今までありがとうございました!!それでは、失礼致します!!


duoさま
 こんばんは!

 確かにハジの最後言葉が「ナンクルナイサー」だったら嫌ですね…(*´艸`*)
 遺言がナンクルナイサー…!!!←ツボに入りました…笑。
 姿を現さなかったのはカイに対する気遣いもあるのかなと思ってみたり…。やはり小夜はハジを選んだわけですから。それにあまり表舞台に立つような性格でもないですから、らしいと言えばらしいですよねv

 ディーヴァの子供…つまりはリクの子供でもあるわけですから、可愛くないわけはないですよね!自分とリクもジョージに引き取られた養子ですから、カイは今父・ジョージと同じ気持ちを味わっていっているのでしょうね…vvv
 お父さんとは一生呼ばれなさそうですが…(ノ∀`)・∵.グハッ

 岡村真央は出来ちゃった結婚を希望しますヽ(*´∀`)ノ
 そして岡村は真央パパに「うちの娘泣かせたら二度と太陽拝めなくなると思えよ」とか言われてビビっていれば良いと思いますw

 デヴィジュリの赤ちゃん…紆余曲折を経ての幸せですから満喫してほしいですね。デヴィッドはアロハシャツ着てすっかり満喫してるっぽいですが(*´∀`)
 ルルゥは沖縄で見たときに耳がとがっておらず普通になっていたので、もう普通の人と大差ないと考えても良いのでしょうかね?ルイスが養女に引き取って将来デヴィジュリの子供と仲良くなってくれればと思います…vそして種族を超えて結婚でvvv

 次に小夜が目覚めた時にはちょっとみんな年取ってますけど、全員が幸せそうな笑顔で迎えてくれたら嬉しいですよね♪
 
 BLOOD+最初はただのグロアニメかと思っていましたが、かなり楽しく見れました(鬱展開も多かったですけど…)

 わ、わわわご迷惑だなんてとんでもないですよ!毎週コメントいただけるのが楽しみで、きちんと記事を書こうという気にさせていただいてました><
 こちらこそとても楽しかったです!またのコメント心からお待ち申し上げておりますv来期はまた新作アニメが多すぎてどれを見ようか迷うくらいあるので、共通のアニメがあることを祈ってます!
 本当にこちらこそどうもありがとうございました(*_ _)
 


Not Subject
お久しぶりです、カグさん。
TBでいつもお世話になり、ありがとうございました!

>「ナンクルナイサ」
>キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
> 御免なさい、正直噴出しました…!

ここ、確かに衝撃でしたね(笑)
思わず声出してつっこんでしまいましたよ。
耳ピクピク、かわいかったですよね。猫も好きなので、その気持ちわかります♪
正直、もっと悲しい展開を予想していたので、生き残ったキャラも多かったし、ハジ小夜ラブラブはあった市で,本当にほっとしました。
最終回としては良かったと思います~。
カグさん、1年間お疲れ様でした。また何かのアニメでお世話になるかと思いますが、そのときはどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


しのぶんさま
 お久し振りです!こちらこそTB大変お世話になりました(*_ _)

 もう本当にテレビに声出してツッコミ入れるなんてそうそうないですよね(笑)思わず小夜は雰囲気に流されてしまったようですが、視聴者はそうはいきません!(爆)

 ルルゥの耳、可愛かったですよね…vしのぶんさんも猫好きなのですか!猫が居るととても癒されます…!今もこのコメント猫を膝に乗せながら打ってたりします…v

>正直、もっと悲しい展開を予想していたので
 ですよね。私も最悪双子を殺してハジ小夜は心中、残されたカイは一生を独身で貫き通してジョージと同じように戦争孤児を引き取って小夜の物語を語る物悲しい最後を覚悟してたので、ああいう未来があるような最後を迎えることが出来て良かったと思いますv
 締めはハジ小夜で綺麗にまとまりましたし♪

 しのぶんさんも1年間お疲れ様でした!もうオタクを脱退することは不可能なので、ブログを止める事もアニメの視聴を止める事はありえません!なので、絶対に何かしらのアニメでお世話になると思います(笑)
 こちらこそ宜しくお願い致します…!!!(*'-')o(*,",)oぺこり


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ナンクルナイサ」なにはともあれ、一年間お疲れさま!!自分達が生きていれば、また軍に利用されて、新たな血が流されるかもしれない。そう思って、ディーヴァの子供を殺し、自らもハジに死なせてもらおうと
50話中、多分初めてリアルタイムで見れたのが最終回・・・。さてさて。最終回の感想行きましょー○=(゚∀゚)=○
締りの無い最終回でもなんくるないさぁ。OPの歌詞がサッパリでも、盛り上がりが無くても、後番組がビミョーでもなんくるないさぁ。アルジャーノ生きてたね。結局アメをなめる以外何もしない人でした。ネイサン生きてたのね。オカマは強し。アンシェルも生きてた....
BLOOD+ 最終回。それぞれの明日は? 今日で最後となるBLOOD+ 感想記事のトラックバック。みなさん、ありがとう!! ハジ、感動をありがとう!!(何か違ってる…??) そして、ジョエルはぁo(^-^)o
ついに終わったねぇ~。で、最終的な感想としては・・・ 『納得いかねぇ~囹』 なんだかねぇ~。ようは・・・ハッピーエンドなんだろうけどね。 この展開はなぁ~んかしっくり来ないわ。 だって、確かに翼手はディーヴァの歌声によって覚醒したものだけどその歌声が
BLOOD+も今週で遂に最終回。せっかくなので一夜限定で復活更新です。1年間・・・長かったような短かったような・・・つか正直長すぎたようなwwでも意外にも最終回でちょっとだけ感動してしまった私がいます・゚・(つД`)・゚・それだけは絶対無いと思ってたんですけどね
運命に翻弄された人々の物語の終わり―――――――・・・。Episode-50(最終回)「ナンクルナイサ」終わってしまった・・・という喪失感でいっぱいです・・。リアルタイムで見終わった時、訳分からず泣いてました・・。うろ覚えなので・・間違えているかもしれません・・
ナンクルナイサ byハジ Σ
まず、ひとこと・・・・ハジに「ナンクルナイサー」って言わせるなぁぁぁぁ!!せっかくの場面に吹き出しちゃったじゃないか。終わりましたねぇ・・・・ちょうどBLOOD+が始まったら、台風の時のアンテナ状況がまだ完全じゃないのかいっきなし映りが悪くなって波波~~~ 最
終わりだよ~~~~~~~~~~~。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)なんかちょっと消化不良っぽくなかったこともないけど(爆)しかもいきなりOPかよw
BLOOD+(3)脅威の赤子殺害シーン・・・やらないでやんの・・・つまらないなぁ。何? あれだけ殺しまくっといていざ自分が死ぬとなると結局嫌だっていうこと?何とも自分勝手なオチですね。今まで戦ってきた理由がディーヴァに対する復讐だけってんならいいで...
オフィシャルファンブック BLOOD+ ENCYCLOPEDIA (ブラッド・プラス エンサイクロペディア) 2006年 09月号 [雑誌]力尽きたディーヴァ・・・。その横には、繭より生まれた彼女の子供達の姿がありました。。小夜の下した決断・・・それは、もう二度と戦争の道具として人から...
最終回である。よくまとまっていたんじゃないの?と上から目線で言ってやった、言ってやった。詳しい話の流れは他のサイトで色々語られていると思うので、ここでは省略。私はただ、思ったことを書き綴るだけである。というわけで、感想は続きへ。
第50話 「ナンクルナイサ」(最終話) ディーヴァとの戦いに終止符を打った小夜。 遺されたディーヴァの子に刃をむける―― はるか過去からの長き旅路の結末は・・・ とうとう最終回です。50話粛々と1年積み上げてきた答え
最後の最後でハジ小夜キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 49話を見てBLOOD+の全てに諦めきっていた私。でも、最終回は良い話でした。これをずっと待っていた!なラブいハジ小夜も堪能したし、思わずホロリときたりもしました。気になるところは・・・無かったとは
第50話「ナンクルナイサ」?ヴァン・アルジャーノの足下に散らばる飴!最終回は涙の味!?それとも・・・絶望の味!?いよいよ最終回です!!!(ノ_・、)シクシク?今週の?夜のお相手ハジに萌え~??                      ?「私は
遂に1年間続いた「BLOOD+」もラストです。今回は余計なツッコミやあげあし取るような記事は 完全無視上等 の構えで、真面目に書きたいと思います。 ていうか、泣きました!号泣しました!ラストに相応しい終わり方だったと、賞賛したいくらいです。未だに余韻も残
「後番組の妖奇士は2006年秋、最大の話題作で全世界が注目しているらしい!」( ;^ω^)土6見参の前にバスターコール発動するか?正直、BLOOD+の感想よりも後番組の番宣の方が強烈だった・・・
ちょ・・何がナンクルナイんだよ全然ナンクルナクないよハジに言わせるなよとうとう最終回だったわけですが、わりと良い最終回でしたね。しかし終わってしまって寂しい気持ちもありますが、この作品にはもうちょっと頑張ってほしかった・・とゆうのが本音です。でもま...
「ヤンバルの悪夢…オプションDが発動した時、オペラハウスにいる小夜は?カイは?ハジは?双子の赤ちゃんは?BLOOD+最終話ナンクルナイサ」「オプションD…確かそれって」「空爆による完全破壊、証拠隠滅」「まったくこれだからアメリカは…都合が悪くなるとなんでもかん..
「ナンクルナイサ。貴女を愛しています」
結局赤ちゃんを殺さず、生きる決断をした小夜。ここにきて欲が出たのか・・・とも思ったが。ハジの思い、カイの思いもあり、ということで。ずっと戦ってきたわけだから、戦わなくても良くなった今、自分が死ぬ必要ないもんね。赤ちゃん、ハジ共々永遠に生き続けると....
 BLOOD+第50話「ナンクルナイサ」です。気がつけばもう最終回です。ここ数話種ばりの怒濤の死亡ラッシュでした。小夜も殺る気満々です。果たしてディーヴァのかわいい子供達の運命や膿に?  今回はいきなりOPから、なんだか展開早そうな嫌な予感がしますけど気のせいでし
リボンの行方。ハジ、いい人だった・・・この前カイに突っ込まれた時には素直にはなれなかったけれど、やっと本当の気持ちを認めてくれた。表現してくれた。そして、カイはそれにも増しておっきな人だった。この歳にして、男女愛を超越している。
ナンクルナイサ?ケンチャナヨみたいな意味合いの言葉か?殺すには雷で焼き殺すしかないと言っていたアンシェルが生きていて最後の悪あがき。でも最後は小夜とハジの愛のコンビネーションプレイで死亡。そしてヤンバルの森を焼いたのと々D計画で翼手諸共ハジは消し炭...
ナンクルナイサオフィシャルファンブック BLOOD+ ENCYCLOPEDIA (ブラッド・プラス エンサイクロペディア) 2006年 09月号 [雑誌]ラスト・キス意外と気にするように演出されてるわけではないのですが、決闘を行った場所は始まりの場所である動物園のセットなわけで...
「私たちも決着をつけるときが来たようだな」  ついに最終回。ナンクルナイサ~♪ 
ついに最終回ですよ。 今回はアバンもなしでいきなりオープニングが流れて本編開始。
一年間の旅路も今宵で最後.そして小夜は決断のとき.
BLOOD+最終話「ナンクルナイサ」感想。ネタバレありのでご注意~
BLOOD 全50話放送が終了しました。 最後まで盛り上がりに欠けた作品でしたね
飴男、生きていましたね、デヴィッドに助けられ改心したかな。ディーヴァの死を感じたのか、翼手達が大人しくなった。そんな翼手も米軍のオプションDで全滅。
BLOOD+ 第50話を見ての感想です。(よろしかったら、前回のBLOOD+ Episode-49 二人の女王【感想】もご覧いただけると幸いです。) 最終回は、小夜とハジの間で約束された結末(小夜の死)ではなく、ハッピーエンドという形になりました。 消化不良で終わるアニメが少なくな
本日少々クレイジーな旅行をしておりまして、今帰宅しました。
・カイとハジ二人とも小夜を愛するただの男だった。カイは日常の象徴であり、ハジは非日常の象徴。ハジは小夜の笑顔を取り戻すために全てを捧げてきた。それでもハジが小夜の笑顔を取り戻せなかったのは彼が非日常の象徴だっ
ディーヴァの死により、翼手の行動が止まった。これで、翼手の処分がしやすくなった?
BLOOD+:第50話(最終話)『ナンクルナイサ』繭から生まれたディーヴァの子供
サブタイトル「ナンクルナイサ」  自身を含め、すべての翼手を消し去ろうとするサヤ...  カイの言葉に、サヤの意志が揺らぐ...  そしてサヤとハジが選んだ道は...?
遂に最終回っ!!全ては笑顔の為に――何だかハジが凄いカッコ良かったですっ!!そして、アノ人が生きていた―っ!(驚っ)最終回の感想は続きからBLOOD+(10)喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 アニプレックス 2006-09-27by
アバンがなかった……いきなり歌で、びっくりしました……(笑)繭から生まれたディーバの子供を前に、もう誰にも傷ついてほしくないと願う小夜(声・喜多村英梨)。刀を構え、ゆっくりと切っ先を上げていく。そのころ米軍の手により、翼手を闇に葬り、すべての証拠を....
「ナクルナイサ」 ディーバが死に、様子がおかしくなった翼手たち。そんな中、デヴィ
「生きたい。・・・みんなと一緒に生きてみたい・・」小夜の本当の気持ち。私たちは生きてちゃいけない、再び戦争の道具をして使われることを恐れていた小夜。それでも・・・そうならないように生きることだって出来るはず。「笑顔が欲しかった」ハジの本当の
終わりました。一応観てましたよー。広げすぎた風呂敷は、畳みきれませんでしたか…。一年前を振り返ると、すっごく期待してた自分がそこにwで、今の感想は…うーん。「悪くはない、けど、良くもない」だなあ。言いたいことは分かる、でも、自分の殻を破って、視聴者に訴え
重要イベントは先週で終了し、最終回は本当にエピローグ的な内容のみでお終いかと思っていたんですが、そうでもありませんでした。とりあえず、最後に小夜の明るい笑顔が見れて本当に良かったです。カイにボコら
BLOOD+ 最終話(第50話)『ナンクルナイサ』の感想いきまーす。「なんくるないさ……あなたを愛しています…」タイトルが『ナンクルナイサ(訳:なんとかなるさ)』だったので、てっきり投げやりな終わり方するの
BLOOD+  現時点での評価:3.0  [ハイパーアクション・バトルロードムービー]  MBS・TBS系列全国  土曜夕方6時放送 or 5時30分放送  アニメーション製作:PRODUCTION I.G  http://www.blood.tv/ ディーバに勝ち戦いは終わった。 町は静....
『ナンクルナイサ』
1年、たったんですねー。というわけで最終回。ラスト感想→
4クールに渡って放送されていた血+も今回で最終回です。途中から傍観するだけに決め込んでいましたが最後だけ感想を書き綴ろうと思います。小夜が“自らの死”という選択を選ぶかどうか、視聴者の大多数が心配
BLOOD+もついに最終回がきてしまったーー!! なんやかんやとあったけど…終っちゃうのは寂しいなぁ… ではでは50話! えーっと飴男はとばしていいかな… この人生き残るのかな。。 デビッドはオプションDのことを聞いてジュリアさんに電話します。 ジュリアさんは「必ず
だいぶ聞き取れるようになったOP。最終話ともなると考え深いです。あぁこの人もあの人も(ToT)まだ生きてた!!飴男。助けてもらってよかっね~。普通の女か..なぁカイ?身ぐるみはいで確認か?笑顔が欲しかったというハジ。あ~もうせつない!!ジョエルも普通に見守って
いよいよ最終回ですねー。初回でやったシーン(カイと小夜のバイク二人乗り)を最終回でやるっていうのは嫌いじゃないですv最終回の〆方に注目していたはずなのに、「その手には乗りませんよ、お嬢さん」にトキめ
第50話「ナンクルナイサ」
繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う
『ナンクルナイサ…………!!』さて、1ヵ月ほど放置していたBLOOD+。いつのまにやら最終回となってしまいました。とりあえず土6で初めて泣きましたなんででしょうね………??■(アバン無しって何さ??)今回はディーヴァを倒したその後の小夜とカイたちの話。『生きて
いよいよ最終回
BLOOD+ '07 CALENDARデヴィッドさん、アロハ・・・無事ジュリア先生と結婚したってことでイイんですよね。白タキシードを拝めなくて残念だけれども、おめでとうございます。お幸せに。予想通りなハッピーエンドで
BLOOD+(10)最終回です。この1年本当に長かったですね。種、ハガレン、種死に続く、アニメ系Blogのネタアニメとして・・ちょっとパワー不足かと思いましたが、思ってみたより、Blogの感想などの脱落者が少なかったのが以外でした。こういう私も、ほぼ毎回かいてたんで...
ハジ「ナンクルナイサ」にテレビの前で「えー!」言ってしまった最終回。まさかこんなサプライズがあるとは…。「あなたを愛しています」がインパクト失いましたよ。最後は笑顔を見せくれるだろう…なんて勝手な心の準備をしてた私って…。さて「BLOOD+」も今宵が最終回で.
小夜が全てが終わったら死のうとしている事をカイは知ってしまう。それを阻止すべく説得を試みるも小夜の意志はかたい。「お前の居場所くらい俺がなんとかしてやる!だからおまえら俺のそばにいろよ。」そしてハジに同意を求めるも「私は小夜に従う者。全ては小夜の望むまま
リアルタイムで観ました…。何だろう、とにかく胸がいっぱいでございます。【STORY】繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げて
予想は裏切らなかったね。種D最終回よりずっときれいにまとまりましたよ、竹田P殿。 BLOOD  第50話「ナンクルナイサ
”ナンクルナイサ・・あなたを愛しています”というハジの言葉が
BLOOD+ The Last September企画25弾!文字数が多くて送信できなかったのでBパートは別リンクです。最終回はテレビ王国の予約録画ランキング4位でしたついに訪れたBLOOD+最終回――沖縄からはじまり沖縄で終わりを迎える。アバンなしでいきなり雷音。しかもノンクレジットw
BLOOD+ COMPLETE BESTBLOOD+第50話「ナンクルナイサ」最終回です。ディーヴァの残した子供を前にすべてを終わらせようとする小夜。それを引き止めるカイ。ハジは小夜に笑顔を取り戻すために生きてほしいと告げる。小夜に笑顔を与えてくれたのはカイたち家族だったという....
BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 1 (2006/4/26発売)BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 2 (2006/09/27発売予定)BLOOD+ COMPLETE BEST (2006/10/25発売予定)最終話は脚本・藤咲淳一+絵コンテ&演出・松本淳+作画監督・石井明治の組み合わせ。これって実は第1話の組み合わせな
<土曜日>出来うる限りのハッピーエンド、という感じでしたね。カイが止めてくれるだろうとは思っていましたが、ハジがあれほど雄弁に小夜への愛を語ってくれようとは!あんなに喋るハジは初めてです。それも自分の意思で。「笑顔が欲しかったのです。初めて会った頃の貴女
貴女を愛しています愛しています愛しています愛していますうわーーーんっっ!よかったよーーーっ。涙が止まりませんでした。感想はすっかり遅くなりましたが、しっかりとリアルタイムで観ました!
 長かったBLOOD+も今日で最終回です。
ハジジよかったね!
今日でBLOOD+も最終回です。最終回だから、いきなり歌詞のわからないOPから入ります。ビックリしました。来週から、もうBLOOD+の感想を書くこともなくなるんだなあ…。そう思うとなんだか名残惜しくもあるようなないような。とりあえず、今は眠いんで、BLOO
今日でBLOOD+も終わりですね。(>_<) 一年って長い様な…短い様な…。 とにかく、 今までTBお世話になりました!m(_ _)m さて、内容の感想にうつりましょう! 最終回って事もあり、 長い記事になりそうです。(頑張れ自分!!) 劇場に溢れる翼手達。 そん
・・・小夜に笑顔になって欲しい・・・それはシュヴァリエになる前からのハジの願い。(いよいよ最終回ですね・・・) ↓ ↓
広げ過ぎた物語の世界観を、再び小夜に戻すことで、そつなくまとめた感が残りましたが、エンディングテーマの元ちとせ「語り継ぐこと」が、物語をうまく昇華しました。
1年間続いたBLOOD+それも今回で最終回短かったような長かったような1年間でした
つ、遂に終わってしまいました!!!まさかのこんな展開にこっちはビックリですよ。結
この話も最終回だと思うと感慨深いですな。   ◆生きる意味 自分は何者なのか? 自分はなぜ生きているのか? その答えを得る為に旅に出た小夜。 そして、得た答えは『明日の為に今日を生きる』という事。どんな困難が待ち
重くとも、それを負えるだけの繋がりを感じることができる絆。繋ぐのは”血(血縁)”なんかじゃなく、その人を大事に思う、その想い。
第50話 ナンクルナイサ
ついにBLOOD+が最終回です。ハジ「全ては小夜の望みのままに」カイに殴られたーw( ̄Д ̄;)wでもここに来たら、本当の思いを言って欲しいですね。口ではそう言いつつも、心の中ではいろいろ思ってきたんだろうし…。
「あなたを、愛しています」…惚れましたw今日は、WEB拍手コメントに返信しつつ、感想を書いていきましょうか。>内容はナンクルアルサでしたねOTLこのアニメは全体的にはつまんなかった
アバンが無かった。いきなりOP。先週の次回予告でも今までの画像ばかりで、本当に最
さて、血+も最後の作品。2回見てくれればそれで幸せです。。。大きいサイズも用意して
ふー、なんだかフルマラソンを走りきったような気分です。一年間良く付き合った!最後まで頑張った!良かった良かった、な気分半分、結局何も解決して無い様な気が…って微妙な気分半分、ですが。「ハジ小夜で終るなら総てを水に流す」と以前から言っていたので、とりあえず
BLOOD+最終回。なんか予想通りな展開でした。やっぱりね、そうくると思った。結局なんくるないさか!てゆか、アンシェル兄さん生きてたんだ!流石長兄!素晴しい根性んが、やっぱりダメージは大きかったようで、あっさりハジにやられてしまいました。あそこで兄さんが出る意
うわぁぁぁん!!ハジに泣かされた~
アニメ「BLOOD+(ブラッドプラス)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声):音無小夜(喜多村英梨)、ハジ(小西克幸)、宮城カイ(吉野裕行)、宮城リク(矢島晶子)、宮城ジョージ(大塚芳忠)、金城香里(門脇舞)、謝花真央(小
どうみてもカイが負け組です。本当に(今まで)ありがとうございました。制作進行 「監督!カイファンから抗議の電話が殺到しています!」藤咲監督 「ナンクルナイサー(笑)」竹田P 「なぁに、かえって免疫
・゚・(つД`)・゚・・゚・(つД`)・゚・・゚・(つД`)・゚・最高の最終回。これをやってほしいと思っていた事を全部やってくれた最終回なんで、めちゃめちゃ素晴らしかったです。「BLOOD+」、あれだけ引っ張ってた理由はやっぱり最高潮の場面を最終回に持ってき....
9月23日放送。「ナンクルナイサ」-ヴァンこれまた、よわっちいですね・・・全部はずれてますよ(;・∀・)タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!これは、逮捕された感じだわ。-オプションDそうだ、そうだ。ヤンバルの時もオプションDだったよ。大穴空けるやつだね
「ナンクルナイサ」 OPクレジットなしでしたね。絵も少し違ってましたか?いつも早
1年て早かった。もう最終回、なんですけれどいい意味でいい終わり方であったかな、と思います。希望を持たせる最終回であったことは色々考えるに救いであったと思うからです。終わってみればこの話は小夜やディ
泣いても笑ってもついに本日が最終回。ハジの運命にドキドキしつつも、行きますよ~。
アニメBLOOD+最終回です。発言者:→宵里、→春女です。「
ムッシュが全50話生き抜きました!はい、喜んでー!!冒頭で死ぬんでないかと覚悟はしてましたが、驚異的な悪運の強さで見事生き抜いて、最後までワタクシ達に笑いを提供して下さいました。あんなことになりましたが、命あっての物種です。生きているって素晴らしい!!そん
『BLOOD+』のディーヴァです。細く、気高く、美しいヴォイスで歌う彼女をイメージして描きました。まるで、この世のものとは思えないほどの荘厳な歌声には、ただただ聞き惚れるばかり。。。ディーヴァは、小夜と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。