2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
ブログ内検索
プロフィール

カグ

管理人:カグ
ツイッターの便利さについついブログ放置中。もう少しブログの更新頑張りたいところ_ノ乙(、ン、)_


9月末には碧の軌跡が発売するからそのあたりまでに溜めてるアニメ消化しておきたいなー…(;´Д`A ```

現在はROで元気に活動中(`・ω・´)メインはalvitr鯖、シーフ系がメインだったのに気がついたらABと連が発光してました^q^ 次は修羅が光りそうです。珍はグラフィック改善されたら本気出す( ー`дー´)キリッ
アニメはファフナーを機に少しずつ更新していければなーと緩く考え中です(`・ω・´)
相互リンクについてはこちらを参照してください(2008/7/5)


絶賛応援中♪

訪問者サマ☆

現在の閲覧者サマの数★:
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

購入予定....φ(・ω・` )メモメモ
リンク
ランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
戦国BASARA2 7話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」
戦国BASARA Blu-ray BOX 初回完全生産限定版!!!

真田の成長に為に犠牲者が…(´;ω;`)

 やっぱりこれだけの為に登場したキャラだったみたいですね、小山田殿は…(´・ω・`)
 これで真田が成長しなかったら小山田が浮かばれません…。


以下ネタバレ

馬上からラリアットm9(^Д^)プギャー

 その前に槍で刺されたら面白いんだけどね☆(ゝω・)キャハ



半兵衛…美しい'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

 台詞が頭に入ってこないほど美しい(ぇ 


慶次が秀吉の元へ辿りついたΣ(゚Д゚)

 さて慶次が来た事によって何か変わるのでしょうか?せめて小十郎が脱出して政宗と合流できれば…!!



出かけるので今日はこれでwww




 
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「俺様っ!強い☆」 浪川\(^o^)/ 軽い…軽すぎる…!w いや、軽いというと些か語弊があるけれどもかつてここまで軽い浪川声を聞いたことがあっただろうか、いやない。 「イカの国」とかゆってあ の幸村に突っ込まれてたくらいだからねwwwww(・∀・)b ...
 離れていても通じ合っているっぽい小十郎と政宗がいいですね。
豊臣軍にフルボッコの長宗我部軍に加勢しようとしてお供の小山田さんや たくさんの部下を失ってしまった幸村。 ただ戦うだけでは日本を平和に出来ないのか?と悩んじゃう幸村に薩摩で衝撃の 出会いが起こる?
  第七話『最南端・薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い!』幸村の自ら下した決断によって、もたらされた結果。槍を振るだけでは、日ノ本の明日を切り開くどころか、ただ一人の人...
武田信玄VS伊達政宗! なんかミサイルみたいなの降ってるw 武田を包囲してた豊臣軍が、武田のフリして伊達軍に牙を向く! 豊臣キタナイヾ(...
戦国BASARA弐 第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』 宮本武蔵。 どうして二刀流に開眼しているのだろう?(笑) 若いし。 ま,考えるだけ損なわけですが(笑)
  あの人は詫びてほしいなんて思っちゃいない 戦国BASARA弐 第7話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」 の感想です。 ポ...
甲斐を包囲した豊臣軍。 西進する伊達軍が近づくと武田軍になりすまし襲い掛かる。 これも半兵衛の策略でしょうか…。 ▼ 戦国BASARA弐 第...
御屋形さまの懐の深さに感動した 小山田さんが命を掛けて示してくれた武将の姿。 幸村は学べたのかな(´・ω・`)
小山田の戦死を乗り越えなくてはならない幸村はついに薩摩の国に辿り着く。 そこで待ち構えていたのは宮本武蔵、そして島津の頭首島津義弘だ...
離れても通じる心!
戦国BASARA弐ですが、豊臣の謀略により伊達政宗と武田信玄が戦います。両雄の激突に土煙が竜巻のように上がります。真田幸村は薩摩に入りますが、二刀流の宮本武蔵と対戦することになります。幸村が丁寧に話しているのに武蔵は無礼な言葉遣いです。(以下に続きます)
「伊達軍は、このまま大阪へ駆け上るぜ」 昇らぬ竜なら、はなから死しておるのも同然、か。 幸村の行動によって、小山田が亡くなってしま...
素直に謝罪をするも、そんなこと望んじゃいねぇって言われたら如何しようもないですよね?旦那。 まぁ、あの時代に適した大将の作り方って事...
「宮本武蔵に敵はねぇ!!」 ・ はいはい、というわけで。 第7話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い」 ですけども...
幸村の自ら下した決断によって、もたらされた結果。 槍を振るだけでは、日ノ本の明日を切り開くどころか、 ただ一人の人すら救うこともで...
新兵器って量産型秀吉とかですか?というわけで、「戦国BASARA弐」7話ED変わりすぎの巻。アムロ本当に死んじまったのかよ…。泣いてる場合じゃねーぞ幸村。しゃっきりせんかい。半端...
「最南端・薩摩の地へ!幸村・新たなる漢の出逢い!!」 小山田を失ってしまった幸村 お館様に報告する佐助   お館様はそれでも幸村の事を...
島津義弘登場
テレビ版の 『戦国BASARA弐』 を見ました。 (以下 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出会い!」 のネタバレです。まだご覧...
んー、もっとボロッボロに落ち込んでいるかと思ったけど、思ったより幸村が元気でいてくれて良かった良かった。 一時はかなり落ち込んではいたようだけど。
第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』
小山田の最期の報告を、佐助から受ける信玄。
君もきっと秀吉に心酔するよ、  ――彼の圧倒的な強さにね
「俺には先ず 取り戻さなきゃならねぇものと つけなきゃならねぇ落とし前がある」 伊達軍はこのまま一気に大阪へ…!! 今回からエンディング...
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD](2010/10/06)中井和哉保志総一朗商品詳細を見る 俺にはまず、取り戻さなきゃならねぇものと、つけなきゃならねぇ落とし前...
クリックで別ウインドウ原寸大表示 大阪を目指す伊達軍の前に、武田軍の幟を掲げた軍勢が現れる。 ん?こんな所に武田軍? ヒジョーにあ・や・し・い・・・ その頃…佐助は甲斐に戻り、信玄に小山田信茂が死んだ事を 伝え、その事で幸村がけっこう瀬戸際状態である事を...
 九州に渡った幸村の前に現れた野武士たち。そのリーダーが宮本武蔵! 武蔵は幸村に勝負を挑み、正攻法では適わないと見ると幸村の話を聞こうとするフリをして不意打ちを仕掛けました。  ブッ飛ばされてもヘコたれない幸村に感心した武蔵は「ジッちゃんに会わせてやる...
戦国BASARA弐 第七話 『最南端・薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い!』薩摩で幸村を待っていた人物公式HPより幸村の自ら下した決断によって、もたらされた結果。槍を振...
戦国BASARA弐 其の弐 [DVD]クチコミを見る 幸村の自ら下した決断によって、もたらされた結果。 槍を振るだけでは、日ノ本の明日を切り開くどころか、 ただ一人の人すら救うこともできないのではないか――。 己の判断が持つ責任の重さと「将」としての在り方に、 激しく?...
戦略・軍略すべてを吹き飛ばす
総評!お館様、久々のご活躍今回のBASARA、非常に評価に悩みました。と、いうのも。一作品としての完成度が高いがゆえに、ですね。今回の話は、最後の決戦に向けての布石を色々とばら撒...
戦国BASARA弐 第七話 最南端薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い! 期待してなかったのに蒼紅爆裂だった! はい…ブログ一週間以上放置ですんません…語れば長くなりますが、 空想野郎はここ一カ月、まさに BASARAリア充そのもの! ええまあ…上田軽井沢で史?...
温暖化の影響でしょうか??薩摩が一層南国に見えたんですが、、、新キャラ武蔵、、、もっと頑張って!小山田さんの幸村を諌めるための戦死を受けて深~~く反省する幸村小山田さんの死に様も俺たちがガンダムだー!!っぽくやられたのは気のせい?9月は劇場版00もあるからこ
「一蓮托生」 小山田の死を受けて、自分の将としての未熟さと、責任の重さを改めて実感した幸村。 悲しみと後悔に暮れる幸村を叱責した...
戦国BASARA弐は宮本武蔵が登場も 真田は小山田で自業自得も薩摩に着き 真田は島津と出会う事が出来た様だが 宮本武蔵は完全に出オチだった思うし 伊...
薩摩にいくヨ! イカの国からこんにちはでゲソ BASARA 7話
戦国BASARA弐 第7話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」 EDが変わりましたね!じぶん的には前の方がよかった気がしますっ ...
・武田方では佐助が信玄に小山田の死を報告。佐助は幸村の補佐のため出陣しようとするが信玄が止めた。これは雪村に立派な武将になってもらいたい為の信玄なりの教育。・チーム伊達...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。