2017/03
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
ブログ内検索
プロフィール

カグ

管理人:カグ
ツイッターの便利さについついブログ放置中。もう少しブログの更新頑張りたいところ_ノ乙(、ン、)_


9月末には碧の軌跡が発売するからそのあたりまでに溜めてるアニメ消化しておきたいなー…(;´Д`A ```

現在はROで元気に活動中(`・ω・´)メインはalvitr鯖、シーフ系がメインだったのに気がついたらABと連が発光してました^q^ 次は修羅が光りそうです。珍はグラフィック改善されたら本気出す( ー`дー´)キリッ
アニメはファフナーを機に少しずつ更新していければなーと緩く考え中です(`・ω・´)
相互リンクについてはこちらを参照してください(2008/7/5)


絶賛応援中♪

訪問者サマ☆

現在の閲覧者サマの数★:
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

購入予定....φ(・ω・` )メモメモ
リンク
ランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
地獄少女 二籠 26話 『あいぞめ』
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

 
 何であいちゃんばっかこんな目に…_| ̄|○ il||li 第一期のラストより泣いた気がします(´;ω;`)ウッ…


地獄少女 二籠 箱ノニ


 以下ネタバレです。

続きを読む

スポンサーサイト


 
地獄少女 二籠 25話 『彷徨』
きくりのバカ!■━⊂( ・∀・) 彡スポーン☆( д)゚ ゚


 こいつはまたしても余計な事をやってくれました…!!!せっかく拓真と蛍が上手に隠れていたのに、わざわざ居場所を皆に教えて…_| ̄|○ il||li
 

地獄少女 二籠 箱ノニ


 以下ネタバレ。

続きを読む



 
地獄少女 二籠 23話 『不信』
拓真が一体何をしたと…?。・゚・(ノД`)・゚・。


 何だか自体は好転せずだんだん悪いほう悪いほうへと向かっていってます。挙句の果てにあいちゃんが「もう貴方だけの問題じゃない」と宣告してきましたΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


地獄少女 二籠 箱ノニ

 エロカワイイ…'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ


 以下ネタバレ。

続きを読む



 
地獄少女 二籠 18話 『あのひとの記録』
また独特な鬱展開でした(;・∀・)


 誰が悪かったのでしょうかね?父を試したお母さん?それとも子供欲しさに他の女性と子供を作ったお父さん?



地獄少女 二籠 箱ノ一


 一週遅れの感想ですがネタバレ注意★

続きを読む



 
地獄少女 二籠 17話 『沈黙のまなざし』
美声で喋る刀…(*´Д`)ホ、ホスィ ...ハァハァ


 いや喋れてはいませんでしたけど、一番最初に思った感想はこんなんでしたヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ


 一目連イケメンなのに元は刀Σ(゚Д゚)

 あ、そうか!綺麗な花には棘があるってことですね(違w けど元が刀でも萌えれるw'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァそんな私は駄目人間ですwww



地獄少女 二籠 箱ノ一


 以下ネタバレ☆

続きを読む



 
地獄少女 二籠 16話 『悪女志願』
 骨女の過去がチラリ(/ω・\)チラッ

 まぁそんな感じはしてましたが、花街の女性だったようですね。けど最後は騙されて裏切られて散々だったぽい…(ノД`)シクシク
 そのせいか今回の依頼者に随分と感情移入してましたね。



地獄少女 二籠 箱ノ一


 以下ネタバレ☆

続きを読む



 
地獄少女 二籠 15話 「この国のために」 
火の車=輪入道。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

 最低親父と腐った政治家参謀達よりも何故かここが印象に残ってしまいましたw家計が火の車って言った時点で今回は輪入道が活躍するだろうとwktkしながら待ってました(`・ω・´)シャキーン


地獄少女 二籠 箱ノ一


 以下ネタバレ☆

続きを読む



 
地獄少女 二籠 14話 「静かな湖畔」 
鬱すぎる…l||l _| ̄|○ l||l


 久々にどうしようもないほどの空虚感を覚える鬱展開でした…orz


地獄少女 二籠 箱ノ一


 以下ネタバレ☆

続きを読む



 
地獄少女 二籠 13話 「Vの惨劇」 
必殺仕事人キタ━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━!!!

 昔大好きだったの必殺仕事人を思い出して大興奮です(*゚∀゚)=3ムハー つか只の竹串にここまでの殺傷能力があったなんて驚きですwせめて鉄串にした方が良かったのでは…(*´艸`)


地獄少女 二籠 箱ノ一

続きを読む



 
地獄少女 二籠 12話 「黒い轍」 
「……主の後を追いたかった?」

「そんなことしたら、お嬢と出会えなかっただろ」(ニカッ

………。゚(゚*´Д⊂グスン



 今回はお爺ちゃん世代が泣かせてくれました!早朝から泣くとしんどいですよw


 今回はついに輪入道の過去の話がきました☆どうやら輪入道はあいちゃんを乗せて出動する時の姿が本来のもののようですねw(もしくは牛車の車輪のみ?w)姫を乗せて逃げる最中に道を踏み外して転落…(´;ω;`)ウッ…
 強い無念の気持ちが残ってあいのおばあちゃんあたりに藁人形として生きていかないかと誘われたんでしょうかね。骨女はまだ不明ですが一目連は元人間っぽいですし、どうやらそれぞれ何かしらの強い念があったと見たほうが良さそうですね。てっきりあいと同じく罪を償う為にやっていると思ったのですが…。


 強欲ジジイだと思っていたら思い出を大切にしてるステキングなオジイ様でした。゚(゚*´Д⊂グスン 新しい家が用意されていたって、家族がいない場所で独り寂しくなんて嫌ですよね。それなら家族との思い出が残っている家で最期まで…。
 骨女が発作を起こした亀岡さんが「仏壇の引き出し…」と言うのでてっきり発作を鎮める薬があるのかと思っていたら…そこには道朗に宛てた手紙が入っていただけでした。きっと亀岡さんは長生きしようなんて気は毛頭なかったのでしょうね…・゚・(ノД`;)・゚・


 一方の道朗は祈りが通じてやっと地獄少女とご対面w人を呪わば穴二つと言われますが、弟の仇って事で糸を引こうとしますが…一目連が登場して時間切れだったとあいに伝えます…。
 訳がわからない道朗ですが、地獄組から話を聞いて地獄へ流す相手がこの世からいなくなってしまったことを知ります…。これで丸く納まるのかと思ったら道朗が暴走wまだ爺さんは生きてるとトラックで家に突っ込んでいくつもりですwww 
 ちょうど花を摘みにきていたきくりを避けて弟と同じ場所から転落…しそうになったところを輪入道が何とかトラックを止めてくれましたwww凄い力ですよね、人間じゃないにしてもwww
 そして亀岡さんの所で自分宛の手紙を受け取ると家が崩れ始めます…主が逝ったので家も後を追ったようです…(´;ω;`)ウッ…
 道朗宛の手紙は自分の土地を全て道朗の弟の遺族へと渡すという手紙でした…本当にこの家に思い入れがあっただけなんですね。゚(゚*´Д⊂グスン
 このあたりでかなり涙が込み上げてきていたのに、主を追った家を見てあいちゃんが冒頭の台詞を珍しく感情が篭もった声で言ってきます。 けれど輪入道は笑顔で主を追わなかったからこそあいに出会えたと良い〆を…・゚・(ノД`;)・゚・
 本当に良い話でした。今後、あいちゃんと三藁の絆の深さを描いていってくれたらマジで嬉しいなw


 今回は前回に引き続きまた珍しいパターンでした。第一期では1クールから2クールに入ってもワンパターンで飽きてきはじめてたあたりですが、二篭では徐々に面白くなってきてますねwww
 そしてきくりが色々と好き放題にやってますwww謎の人物お婆ちゃんへと突撃www糸車みたいな奴を止めようとしますwwwお婆ちゃん止めなさいと焦って言ってる割には動きませんwこれも何か意味があるような感じwww
 あいちゃんが止めたら一発で止まりましたwどうやら先週のあいちゃん大好き説は本当だったようです(*´∀`)
 きくりは最初から訳わかんないことするし、一目連に蹴り入れるしであまり好きではなかったのですが、あいちゃん好きに悪い子はいないド━━━ m9(゚∀゚) ━━━━ン!!


 今週の一目連×あい(*´д`*)
 あいちゃんの後ろにいる一目連…それだけで萌えられる(´u`)いやいや待ってくださいwそんな痛い子を見るような目で見ないで下さいよwww心の目で見てみてください!!!あの座席の後から座席を羽交い絞めするようにしていた一目連の姿を…脳内で座席の存在を消してください。すると…


あいちゃんを後から抱きしめてる一目連が…(*´д`*)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

 (;゚д゚)ァ....病院逝った方が良いですか?それとも地獄へ流された方が…w
 輪入道の真似をして坂道を転がるきくりを優しく微笑みながら見ていた一目連のせいで心拍数が激しく上昇しますたw


地獄少女 9

 このあいちゃんカコ(・∀・)イイ!!!


地獄少女 二籠 箱ノ一

 エロカワイイ(*´Д`)ハァハァハァハァハァ


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。